4歳から音楽に興味を持ちクラシックピアノを学ぶ。
大学3年時にジャズに転向し、大学卒業後バークリー音楽大学に特待生留学。 ピアノをジョアン・ブラッキーン、レイ・サンティシに学ぶ。
ジャズ作曲科を1998年5月に、ピアノ科を1999年8月に卒業、両科の最優秀成績の称号を授与される。
1999年9月に帰国、地元関西のライブハウスから活動をスタート。
2002年7月に拠点を東京に移し精力的に都内ライブハウスに出演。
2003年3月、インディーズレーベルから全曲オリジナルの意欲作「ぴあのトリオ」をリリース。 4月よりFM東京CS放送MusicBird Jazz8「安井さち子と素敵にJazz Talk」のメインパーソナリティーとして1年間担当し、また多数のラジオ番組に出演。この頃、評論家の寺島靖国に見出される。
2005年2月、M&I/ポニーキャニオンから「Touch of Fortune」をリリースし、メジャーデビュー。
スィングジャーナル誌5月号の月間売り上げジャズ部門で3位を獲得。
2006年1月「My Will」(M&I/ポニーキャニオン)をリリース。 2006年Swing Journal日本ジャズメン読者人気投票のピアノ部門にランクイン。 2006年3月には、NHK奈良テレビの「この人とならインタビュー」にメディア進出した。
2007年Swing Journal日本ジャズメン読者人気投票のピアノ部門、作曲部門、ベストアルバムの3部門にランクイン。 主な共演者に池田芳夫(B)、大隅寿男(Dr)、井上陽介(B)、小山太郎(Dr)らがいる。
2008年2月にM&Iミュージックから、NYレコーディング「Enamorada〜恋人〜」をリリース。SwingJournalゴールドディスク第7期第100弾に選定されオリコンにもチャートイン。5月には
Swing Journal日本ジャズメン人気投票で、ピアニスト部門5位、また作曲/編曲部門でも8位にランクイン。日経新聞、朝日新聞、毎日新聞、雑誌/週刊誌等にもその活躍が取上げられる。
2009年Swing Journal日本ジャズメン人気投票で
ピアニスト部門6位、作曲/編曲部門でも上位にランクイン。2009年7月に「Lively」(ポニーキャニオン)をリリース。
2011年3月にはデビューのきっかけとなったアルバムを「Piano Trio」(フォーキャストミュージック)として再発。また8月には安井さち子の新境地とも評される「NANA」(ポニーキャニオン)を続けてリリース。現在、関東一円のライブハウス/ホールや全国からの出演依頼に飛び回る。